blog

「西郷どん!新政厚徳で、チェスト行け!」

写真上段左が長州藩士 桂小五郎(後の木戸孝允)、右が佐賀藩士 江藤新平、

下段左が薩摩藩士 西郷隆盛、左端が中村半次郎(後の桐野利秋)、となりが熊本藩士から長州藩奇兵隊に入隊し中村半次郎と同様に人斬りとして怖れられた人斬り抜刀斎(るろうに剣心)以上の方々は、日本國を徳川幕府に任せたら日本は西洋の植民地にされてしまう!と立ち上がった勤皇の志士たちです。

徳川幕府や役人が贅沢に暮し庶民の苦しい生活を何とかしたいと立ち上がったものの明治新政府の公家の岩倉具視、長州藩士の山県有朋、伊藤博文、井上馨ら、薩摩藩士の大久保利通らは汚職賄賂で贅沢な暮らしをし更には政府の為の政治を断行したのである。

現代に至るまでその役人政治の愚策が続いているわけである。

その政治に意を唱え庶民の為の政治を!と行動した方々がこの写真の方々です。

桐野利秋は当時ロシアと支那(当時は清国)の脅威に挟まれた日本の危機を救えるのは旧士族だ!平民を徴兵しても無理たと叫んだのです。

その徴兵策の遺恨が大東亜戦争の敗戰の結果になったわけです。

木戸孝允は病に倒れましたが、この写真の方々は皆、岩倉、大久保、伊藤、山県、井上らに処分されたわけです。

因みに明治新政府の政治に意を唱え、京都で反乱分子となったるろうに剣心でしたが、神社祠官から長州藩士となった私の曾々祖父西邑楯間佐もるろうに剣心の反乱部隊になりました。

が、るろうに剣心のモデル河上彦斎は明治新政府に捕まり伝馬町に送られました。

同じ反乱分子だった楯間佐はなぜか捕まらず嫡子西邑勤は明治新政府の逓信次官となりました。

苫米地英人さんの見解だと、長州藩奇兵隊で軍資金の担当していた私の曾々祖父はフリーメイスンの金を握っていたからだと言うのです。

ここから、明治新政府とフリーメイスンの関係、三井、三菱とフリーメイスンの関係という話題につづきます。

「西郷どん!新政厚徳で、チェスト行け〜!」