blog

世阿弥の言葉より

「家、家にあらず。継ぐをもて家とす」

                                               〜世阿弥の言葉より

家というものを継いでいるだけで、家を継いだとはいえない。

その家の芸をきちんと継承してこそ、家が続くといえるのだ。

世阿弥は、「たとえ自分の子であっても、その子に才能がなければ、

芸の秘伝を教えてはならない」と言っている。

箱根九頭龍祈願術を体得した堤康次郎、笹川良一が次代にその祈願術の秘伝を教えなかったのは

これである。

今、激しい競争社会の中で

「継ぐに値するものが継ぐべきなのでしょう」

〜伝統芸能でも神職でも企業でも同じ〜

                                            写真:世阿弥

西邑清志 拝