blog

日食は見てはいけない。大事なこともしてはいけない日。

日食の光を受けると穢れてしまうという考え方が日本古来の考え方なのです。

宮中では宮中祭祀がすべて中止されて、天皇が日食を光を浴びないように、御簾ですっぽりと覆っていたそうです。

古来の日本の考え方では、天皇が穢れた光を浴びることは日本が穢れるということでもあったのです。現代でも同じくそうされている。